Concept
コンセプト
Concept

目が届きにくい箇所の異変を調査・報告します

安全に過ごせる環境作りに取り組んでいます。東京・神奈川・千葉など、首都圏近郊の施設に赴き防災設備の点検や改修を行います。火災をすぐに察知・鎮火できる状態をつくり、被害を最小限に抑えます。また、特定建築物・建築設備の定期調査を行い、建物内外部のリスク管理とライフライン機能維持へ導きます。

消防設備を整備し災害への備えを強化します

消火・警報・避難設備を整え、施設内の安全対策強化を図ります。老朽化した消火器・スプリンクラー・屋内外消火栓設備を交換し、素早く鎮火できる体制を整えます。被害を最小限に抑え、業務データ・経済的損失・資産価値暴落を防ぎます。加えて自動火災報知設備・ガス漏れ火災警報設備・非常警報器具が正常に稼働するよう施工し、素早く異変を感知できる体制を整えます。災害時は避難はしご・滑り台・緩降機を活用し、安全を確保しながら短時間での避難を実現します。また、高層ビルや地下街の一角にオフィスを構えている場合は、連結送水管・非常用コンセント・連結散水設備の点検を行い、スムーズな消防活動を実現します。

ライフラインを修繕し清潔な環境を維持

建築物定期調査を行い、安心かつ快適な室内空間の整備に貢献します。給排水設備の異常・水漏れ・腐食を確認し、水質汚濁や悪臭の発生を防ぎます。劣化が見つかった場合はすぐに配管工事を行うよう勧め、清潔で衛生的な水が使える状態に改善します。また、換気・排煙設備の点検を行い、一酸化炭素中毒に伴う頭痛・吐き気・めまいの発症を防ぎます。換気と給気がスムーズに行われる状態を作り、室内の空気を浄化します。オフィス・マンション・飲食店など、施設によって異なる排煙設備の形態にも対応します。そして、非常用照明装置が正常に稼働するよう、点検・改修を行い、停電時の迅速な避難と消火活動を実現します。

建物内外部のリスクを把握し早期対処を推奨

特定建築物定期調査を行い、建物内外部のリスク管理に努めます。地盤調査によって傾斜や陥没の有無を確認し、地盤沈下・土砂崩れ・倒壊を防ぎます。加えてコンクリートブロック・ブロック塀・擁壁のひび割れや破損を調べ、落下事故の発生を防ぎます。早期に工事を行うことで災害や落下事故に伴うトラブルを回避する他、耐震性・耐久性・防水性に優れた建物に仕上げます。また、屋根・内壁・床材での劣化を調べ、内部腐食や建物の短寿命化を防ぎます。対応が遅れると雨漏り・雨染み・シロアリ被害を招き、工事費用増大につながります。そして、避難経路で障害物・可燃物が置かれていた場合は撤去し、安全かつ迅速な非難を実現します。

予期せぬアクシデントに備えて防災対策の強化を図ります。消火・警報・避難設備の点検や改修を行い、被害の最小化と迅速な避難を実現します。異変の察知と鎮火を素早く行い、業務データと経済的損失を抑制します。さらに、連結送水管・非常用コンセント・自家発電装置を取り付けると、スムーズな消防活動の実現と非常用電源を確保できます。また、東京の防災設備工事会社として建築設備・特定建築物定期調査を行い、ライフラインの劣化有無と建物外部のリスク管理に努めます。異常が合った場合は早期工事を提案し、衛生環境悪化・地盤沈下・事故を防ぎます。